2007年05月31日

家庭教師アイル図書館

そのおもしろい地図に関する本とは・・・

「世界で一番面白い地図帳」
です。

謎がいっぱいの世界地図の分かりやすい面白い知識満載です。


・なぜ日付変更線は太平洋の真ん中にあるのか
・世界一暑いところ、寒いところはどこか
・各外国ではどんな世界地図を使っているのか
・なぜ韓国の地名でソウルはカタカナなのか
・中国はあんなに広いのに時差がないのはなぜか
・サーファーの聖地ハワイの大波はどこからくるのか
・北にいく程暖かくなるノルウェーの謎
・グランドキャニオンはどうやってできたのか

などなど興味深い内容が盛り沢山です。

あまり地理に興味がなくても、

(あ、確かに何でだろう???)な内容なので

是非是非一度読んでみてください目
posted by 家庭教師のアイル at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭教師アイル図書館

今日は昨日と違って良いお天気です晴れ

関東方面はやや肌寒い気候のようですが、名古屋はちょうど良い感じです。


所で先日のブログで面白い地図帳を見つけたとしながら

紹介するのを忘れておりましたあせあせ(飛び散る汗)

その本とは・・・・ドコモポイント
posted by 家庭教師のアイル at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

家庭教師アイル図書館

本日、久しぶりの雨降りですね雨

こんな日は室内でマッタリ、読書日和exclamation&question
posted by 家庭教師のアイル at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

家庭教師アイル図書館「プロレタリア文学」

初めてこの本を読んだ時、正直ゾッとしました。

葉山嘉樹さんの「セメント樽の中の手紙」です。

大正時代、過酷な労働者の生活を描いた作品で、

セメントの工場で働く主人公が、セメント樽の中から箱を見つけ、

その箱の中に入っていた手紙を読みます。

差出人はセメント袋縫いの女工で、工場の事故で恋人を失ったという

内容が綴られているのですが・・・・。

プロレタリア文学を代表する作家の葉山さんのこのお話しは

教科書などによくつかわれているみたいです。

私は小学生の頃に読んだ記憶がありますが

その時は内容があまりにハード過ぎて怖かったです。

でも、そんな恐ろしい生活と隣り合わせな日常だった事は事実であり

今、この時代のこの暮らしに感謝しないといけないなぁと

改めて感じさせてくれる一冊です。

内容はとても短く数ページですので読むのは簡単に読めてしまいます。

でも、何度も何度も繰り返し読む内容だと思います。
posted by 家庭教師のアイル at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭教師アイル図書館

先日、面白い地図帳を見つけました。

その内容は・・・・後ほどのお楽しみ!という事で。



まだ半袖には早いかな、という季節です。

長袖は持ち歩いて、寒さを感じたらすぐ羽織れるようにしましょう。
posted by 家庭教師のアイル at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。