2010年10月14日

家庭教師のアイル「東大生ノートとは?」

朝晩はかなり涼しくなりましたが
日中はまだまだ半袖でも過ごせそうな気候。
この時期は着ていくものにいつも困ります。

とはいうものの、過ごしやすい良い季節。
うだるような暑さにヘトヘトになっていたつい1ヶ月前が
遠い遠い昔のように感じるくらい
楽に過ごせる今。
勉強には良い季節です。

って、分かっていてもなかなか勉強に気が向かない。
勉強のやり方が分からないとやる気にならないですよね。
今日は、そんな勉強のやり方の参考になる本の紹介です。

勉強で欠かせないものがノート作り。
新しいノートの1ページ目って妙に緊張したり気合いが入ったり、
その割りに思うようなノートが作れなかった時って
異様にテンション下がったり、ひどければそれでやる気喪失したり、
そんな経験ありませんか?
私も過去に何度か、最初の1ページに振り回された経験有りです。

なぜそんな事になるのかというと、
自分のノートのルールが確立されていないからなのです。
その日の気分でノートの書き方が変わったり、
使うペンの色が変わったり、
不安定なノートはとても見にくいし、見直す気にもなりません。

そんなお悩みをお持ちの子にオススメな本、
東大合格生のノートはどうして美しいのか?」太田あや著
をご存知ですか?

内容はタイトルそのまま、
東大生の受験時代などのノートの実物を色々紹介しているのです。
当然内容は十人十色と様々。
黒一色のノートもあれば、カラフルなペンを使い分けているノートもあれば
もう様々。
ただ一つ、全てに共通する事は
皆、自分のノートの形が確立されているという事です。
字がキレイとか丁寧とかそんな美しさではなく、
どのページも同じテンションで書かれているノートって
本当に美しい!

ちなみに本書は、前作「東大合格生のノートはかならず美しい」の
パワーアップバージョンです。
紹介されているものは現役東大生のみならず
東大出身の社会人ノートや、
歴史に名を刻む文豪達のノート、
ノーベル賞受賞者のノート、
そして京大生ノートまで紹介されています。

書き方を真似しなきゃいけない訳ではありませんが
真似る事も勉強の一つです。
ノートの書き方が全然分からない・・・なんて子は
是非是非真似してみたら良いと思います。

勉強のモチベーションが上がる一冊です。

posted by 家庭教師のアイル at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。