2008年03月23日

読書推進日記 ドアラの秘密

「ドアラ」って知ってますか?

私は・・・知りませんでした。

でも見たら「あぁ!勿論知ってる!!!」って。

愛知県、もしくは東海三県に在住の方なら必ず目にした事がある「ドアラ」。

中日ドラゴンズのマスコットキャラクターですね。

これが最近web上でも人気モノらしく

その知名度は一気に全国区みたいです。

中日ドラゴンズファンでなくても「ドアラ」は好き・・・みたいな。

で、今日はそんなドアラが書いた(?)本

「ドアラの秘密」

オールカラーで、すぐに読めちゃうような内容なのですが

何度も読みたくなるような中毒性があります。

ドアラが色々な自分の秘密を暴露していたり

野球選手からのメッセージがのっていたり。

何と表現していいのか分からない本ではありますが

中日ドラゴンズファンならもちろん

そうでない方にも一度試していただきたい不思議な本です。
posted by 家庭教師のアイル at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

読書推進日記「ヨーガンレールの社員食堂」

キャー、今日も寒い一日でしたね。
先日の雪降りの日よりも寒く感じるのは気のせいじゃないはず。

受験生のみなさーん、風邪などひかないように気をつけて下さい!!!
(暖かくな〜れ。暖かくな〜れ。)
と念を皆さんに送っておきます。

今日紹介させていただく本は、
ってものすごい久々の紹介になる気がしますが・・・。

高橋みどりさんの「ヨーガンレールの社員食堂」です。

これはヨーガンレールというブランドの会社の社員食堂の1年間のメニューを

写真と共にレシピを載せた一冊です。

この社員食堂、基本はベジタリアンメニュー(チーズと玉子は時々出て来る)で

器も手作り、使用する調味料にもとことんこだわった素晴らしい食堂なんです。

お肉・お魚は一切使用しないメニューで社員の健康を考えての素晴らしい取り組み。

シンプルなんだけどどのページも美味しそう!!!

こんな会社が(学校も)増えればいいのにな〜と憧れる食堂です。
posted by 家庭教師のアイル at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

読書推進日記 夢をかなえるゾウ

「夢をかなえるゾウ」(水野敬也)

軽い気持ちで本屋で立ち読みのつもりが(スイマセン・・・)

読み出したら面白くて止まらなくなってしまいました。

自己啓発本のコーナーに並んでいたのですが他の本と雰囲気が明らかに違う。

表紙も可愛らしい感じだし・・・読み出しも(なんじゃコリャ)な感じ・・・。

でもどんどんその不思議ワールドに引き込まれていく。

内容は物語形式になっていて、

主人公の前にゾウの姿をしたガネーシャ(神様)が現れて

主人公はガネーシャと成功契約を結ぶ事から物語がはじまります。

関西弁をしゃべり、タバコを吸って甘い物が大好きな変な師匠ガネーシャ。

ガネーシャを家に住まわせる事になり、主人公はガネーシャの言う事を

日々実行するというのが成功契約の成功への道です。

と言ってもその内容は決して難しい事ではなく、むしろ

当たり前で簡単な事。

でもこの当たり前で簡単な事を実践していない人が多いという事が現実なんでしょうね。

所々にクスクス笑えるポイントもあり

あっという間に読めてしまいます。

ビジネス書・・・っていうと成人向けのような印象もありますが

是非是非中学生にも読んで欲しい一冊です!
posted by 家庭教師のアイル at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

読書推進日記 直木賞・芥川賞

第138回直木賞・芥川賞受賞作品がそれぞれ発表されましたね。

直木賞が桜庭一樹さんの「私の男」

芥川賞が川上未映子さんの「乳と卵」

ちょっと大人の匂いがする本ですが是非読んでみたいですね。
posted by 家庭教師のアイル at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

読書推進日記 スタバではグランデを買え!

久々に読書しました。

読書推進らしからぬ発言で恐縮です・・・・。

吉本佳生さんの

「スタバではグランデを買え!」

本屋でよく見かける本で気になっていました。

スターバックスの本なのかしら?と思っていたのですが

いわゆる経済書っていう部類でした。

タイトルのスタバに関しては消費者観点だとグランデサイズがお得で

その根拠が綴ってあり、

100円ショップや携帯料金など身近な題材で

易しく興味深く経済学を読める内容になっています。

暇つぶしに・・・と手にとった本書はなかなか読みごたえのある一冊でした。

posted by 家庭教師のアイル at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。